×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「ファッキュー誠心誠意」サンプル


【ファッキュー誠心誠意】

 月から逃げたっていうのはとても臆病で辛いことだ。
 記憶から、罪の意識からは逃げられない。わかってる。だけど逃げることは許されない。鈴仙・優曇華院・イナバとして私は一生恥をこの身で晒さなければいけないのだ。
「優曇華、あなたは罪の意識から逃げていいの」
「ですが姫様」
 姫様、蓬莱山輝夜は私に逃げ場を与えてくれる。だが、私自身の罪の意識や欺瞞がそうはさせてくれない。
 呪いのようなものだ。地獄はここにある。
 沢山のモノを裏切り、捨てて、紆余曲折あって。この地に着いたときはすでに汚れきっていた。トラウマとも別の、酷くまとわりつく悪夢。
 どうすれば許されるのか。
 どうすれば解放されるのか。
 どうすれば終わるのか。
 私は考えた。でも、駄目だ。どんなに考えても考えても私の罪は消えない。脳裏に灼き付いた幻覚のような惨劇が心を壊す。
 死ねば許されるのか。それすらも許されない。
 じゃあ、誠心誠意。
 誠心誠意、償えば許されるのか。
 償いを、誠心誠意、償いを。
「誠心誠意なんてウサギにでも喰わせておけばいいじゃない」
 ある時、姫様はそう言った。
「ですが姫様」
 許されたい、誠心誠意なんていらない。だけど許されない。
 この苦悩、悩ましい、煩悩。
「なら溺れてしまえばいいじゃない」
 姫様は私を目の前にして言う。
 溺れてしまえ、何に。
「誠心誠意の裏側に、溺れてしまえばいいじゃない」
「裏側ですか」
「ほら、永琳の薬」
 二錠の薬を差し出される。飴玉にも似た黄金色の薬が二錠。
 一錠は姫様が飲み込んだ。そして私にはもう一錠が手渡された。
 これで、これで溺れることが出来る。誠心誠意反省することなく、溺れてしまって逃避すればいい。それがわからなくなるほどに。
「溺れなさい」
 姫様の凍てつく口調に押され、私は薬を飲み込んだ。
 そして暗転。
 視界が復活したときはすでに何かが違っていた。
「誠心誠意の向こう側へようこそ」
 目の前には姫様、輝夜様。雅な黒髪が美しい。
 だが、何かの違和感。私と同じ、何かが違う。
 姫様、女性のはず。
 しかし目の前にいたのは男性。美しく凛々しい殿方。
 されど姫様、輝夜様であることは明白だ。面影を残し男性となっている。
 そして私も自分の身体に手を当てる。
「私は……」
「知ってるかしら、溺れることは素晴らしきこと。溺れるためには本能に身を任せるしかないの」





【十六夜くん、男に抱かれてお金を稼ぐってよ】

 いくらくれるんです? え、一万円っ! 一万もなんて……私、精一杯ホモエッチでご奉仕しますね! 紅魔館のホモメイドとして、精一杯お金ほしさに男チンポに奉仕します!
  はぁ……カリ首から竿からパンパンで……すっごいおちんぽぉ……これ、まずはおくちでぺろぺろもぐもぐしますね……♪ 私、男だから男チンポをフェラする の大好きなんです……♪ ああ、自分のおちんぽも膨らんできちゃいました……♪ それじゃあいただきまぁす♪ あぁ〜ん……♪
 じゅるるっ、れろぉ♪ じゅぞぞぞぞぉ〜〜〜っ♪ お兄さんのおちんちんすっごい大きいですぅっ♪ こんな大きいおちんちんしゃぶりきれませんよぉっ♪ んちゅうううっ、じゅるるるっ、レロォ♪
 はぁっ、男の人のおちんちんに口つけちゃってますっ♪ わ、私男なのにっ♪ 男なのにおちんちんに口つけて、チン先にキスして、頬ずりして……下品っ♪ 下品っ♪ こんなの下品すぎるのぉっ♪
  でも女は慎ましくしてなきゃいけないけど私は男だから下品でいいっ♪ おおぉっ、おちんちん高まるぅうっ♪ こんなにチンポ吸うと下品すぎて高まるぅうっ ♪ 男だからド変態でいいのっ♪ ド変態なことしても許されるしっ、男とか脳みそにザーメンしか詰まってないし血管にザーメン流れてる全身男性器だからド 変態なのは当然ですしっ♪
 しかも男はかっこいいものが大好きだからぁ……こんなに格好いい形したおちんちんに愛しさ憶えちゃうのは仕方のないことなんですぅっ♪ ジュルルルルルル、れろちゅぅううううぅっ♪ はぁっおちんぽおしゃぶりさいっこうですうぅぅっ♪
  カリの溝のところにちょっとしょっぱいのが溜まってて……あんむっ、はぁ〜すごいニオイで好きですぅ……♪ ニオイがキツくて、美味しくて……おちんちん のしょっぱいの美味しいですぅうっ♪ 舌で舐めとっちゃいますぅっ♪ んむれろぉっ♪ 美味しいっ、美味しいのぉおっ♪ オチンポカス美味しいぃいぃいっ ♪ あむ、れろれろぉ♪
 こうやって先っぽのほうだけ咥えて……顔を左右に動かしておちんちんのコントロールしちゃいますっ♪ ほぉら右まがり、 ほぉら左曲がりっ♪ どうですチンポがむず痒いでしょう? 男にしゃぶられておくちで遊ばれて情けないですね♪ それなのにカウパーだくだく垂らして…… 同性愛者の我慢汁は格別ですよねぇっ♪ ああ美味しい♪ 生臭さとしょっぱさ……やっぱりチンポ液美味しいですっ♪ もっと吸っちゃいますね♪ じゅるる うるるっ、れろぉおおっ♪ ちゅうぅうううぅっ♪
 フェラしながらっ♪ 根本までフェラしてっ、喉奥まで堪能しながら陰毛に顔埋めてっ♪ オス フェロモン感じながら自分のおちんちんもオナニーさせていただきますうっ♪ 不承ながらワタクシ十六夜チンポも気持ち良くシコらさせていただきますっ♪  男のチンポしゃぶりながら男ちんぽオナニーっ♪ シコシコシゴかせていただくのっ♪ おほぉおっじゅるうるうううっ、気持ちいいですうぅぅっ♪ んっ ひぃっ♪ 下品っ♪ メイド長ともあろう者がこんな下品なホモフェラしてお金稼ぐなんてっ、下品すぎて最高ですうぅうっ♪
 んちゅうぅうぅっ♪  あはぁっ♪ ホモチンキッスっ♪ お兄さんのおちんちんに男の唇が触れて吸い付いて……びくんって跳ねて可愛いですね♪ 格好いいのに可愛いなんてやっぱ りおちんちんすごいですぅうっ♪ こんなの女に与えるなんてもったいないっ♪ 男と男の娘だけいればいいのぉっ♪ 女は吸血鬼のエサにしてっ、男同士で子 作りして繁栄すれば万事解決ぅっ♪ あぁ〜自分のチンポもお兄さんのチンポもチンポまみれでたまらないぃっ♪






【打ち上げ行く男は大抵ホモセしてるから打ち上げはヤバイ】

 ふと周りを見ると、他の女装コスの方々がキスしたり、股間をまさぐり合ったりしていた。おかしい。彼ら、そう彼らだ。彼らは男なのに、男同士なのにエッチなことをしている。
 もしかしてこの打ち上げは、もともとそういうことをするための集まりだったんじゃないのか。気がついたときにはもう遅い。僕はまんまと毒蜘蛛の巣、もとい毒天狗の巣に誘い込まれてしまったのだ。
 周りの異様な雰囲気が僕の正常な判断をおかしくし、この空気に乗じて文さんは僕の身体を衣装の上からなで回す。
「文さんやめてください」
「いいから。とっとと始めましょうよ。女装してるからには男とヤリたいんでしょ。女役やりたいってことでしょ。女になるなら肉体も女性役やらないと」
「女性役って……文さんも女装してるじゃないですかあ!」
「私バイだし。じゃあレズセックスってことならいいじゃない。レズのホモセでいいじゃない。女装セックスすればいいじゃない。女装レズホモセックス」
「意味わからないんですけど! ちょ、ちょっとぉ!」
 文さんはどこで慣れたのか、僕のツインテールを片手で掴みながら、反対側の手でスカートの中、ショーツ部分を上からなで回してくる。睾丸の辺りがまさぐられるのが変な感じだ。
「いや、ショーツじゃん! ショーツ履いてるってことは女役やりたいってことでしょう! ほら、こんな小さい布きれでキンタマとか隠せないでしょ! はみ出しちゃってるし! 変態じゃん! 変態! 変態ならエッチすればいいでしょ!」
「違いますぅ……し、下着も可愛いの履いてこその女装だと思ったからぁ……」
「いやいいから。しようよ。どうせ周りもヤッてるし。エッチすればいいじゃん! 東方の打ち上げは男性同士のホモセって相場が決まってるから! ほら、最古参だから私! 恒例行事みたいなもんだって! 古参アピするし! ほら、ダブル古参ピース!」
「ピ、ピースで僕のちんちん挟まないでくださいぃ……!」
 可愛さ重視の小さいショーツ、当然ちょっと弄くられて勃起した男性器ははみ出してしまう。そのはみ出した部分をチョキで挟まれた僕は思わず弓なりに感じてしまう。
 周りをちらりと見るとアリスコスの男が魔理沙コスの男性器をじゅぽじゅぽと音を立てながらしゃぶっている。吸盤のように吸い付いて、怒張していきり勃った肉棒に吸い付く様、アリスがバキュームフェラしてる様は、男同士の行為に興味がない僕でも興奮してしまうほどだ。
  また別の方向をちらりと見ると諏訪子コスの男と早苗コスの男が下半身を露出して抱き合い、濃厚な接吻をしている。粘液を交換しながらの舌の絡ませあい、さ らに露出した下半身……陰茎を密着させて押し合っている。肉棒同士の押しくらまんじゅうみたいになって、互いが互いの快楽を貪っている。とろりと尿道の 先っぽからあふれ出たカウパーがチンポ同士の擦り合いをより潤滑にしているのが目に見えてわかる。
「あれ〜? 何を見てるんですかねぇはたてさんは。おお変態なこと変態なこと」
「ち、違いますっ! 僕は別にそんな趣味は……」
「言 い訳しながらも他人のおちんぽセックス見て女装チンポ勃起させてるじゃないですか。これでどの口が「そんな趣味はない」なんて言えるんですか。クレイジー ですね。クレイジーチンポレズ天狗姫海棠はたてです。本当は念写って粘液を射精するって意味での粘射って書くんじゃないですかぁ〜?」
「意味がわかりませ……んっ」
「ちゅっ、んっ……はぁっ。うるさい口はふさいじゃいます」
「な、何……んちゅううっ」
 文さんは僕にいきなりキスをする。口に舌をねじ込まれた僕はうろたえるも、そんなことはお構いなしに僕の舌先から舌裏をなぞるように舐め回し、そして唾液を注ぎ込んでくる。
 男性の唾液だとわかっているのに、自分ははたて、彼は文だという見た目と周りの雰囲気から流れ込む生ぬるい粘液を喉奥に流し飲んでしまう。
「んぐっ、んっ……」
 今、僕は文さんの……女装文さんの唾液を飲んでる。男の唾液なんて不快感しか抱かないと思っていたのに不意に美味しく感じてしまう。
 もっと、もっと文さんの唾液が飲みたい。
 気がつくと僕は自ら文さんの口に吸い付くようにして唾液を欲していた。
「じゅるっ、んじゅちゅうううっ」
「なぁんだ、やっぱり変態じゃないですか」
「ち、違います……これは東方クラスタとして当然のことだからぁ……はたてコスしてる以上ホモセは通過儀礼だから仕方無いんですぅ……じゅるううっ」



【戻る】