×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






どうしようもない
サブカル脳の俺の元に
現れた
姫海棠はたてが
愛してくれる
愛をくれる
でも
愛はない
そこに愛はない。





「メンヘラサブカルクソビッチ」

姫海棠はたてに愛をひたすら教えてもらう一冊。
姫海棠はたてに愛をひたすら教えてもらう一冊。
姫海棠はたてに愛をひたすら教えてもらう一冊。

幻想郷のメンヘラでサブカルなクソビッチに捧ぐ。





66P/500円/新書サイズ
ジャンル/東方ラブサイコロマンス
対象年齢/全年齢向け
2013/8.12/C84/F-30a
ヘルガプリズンにて頒布




原作
上海アリス幻樂団







発行者
麻宮ミヤネ


表紙
野干ツヅラ(午後五時四十分)


挿絵
tomate045


ありしゅが(ゼリー缶)


BT(First eye)


裏表紙・四コマ
カーズ岡本
(毒苺畑・烏頭)












人間が怖い、
大学の単位が足りない、
生きるのが面倒くさい。
典型的サブカル脳の俺の元に、
パソコンのモニターから
姫海棠はたてが飛び出してきた。
「愛してあげる、そこに愛情はないけど」
その一言と共にはたてと過ごす生活が始まる。
愛されるのが何よりも怖い俺と、
愛すけどそこに愛情はないはたて。
最後に待つのは真実の愛か、
それとも愛よりもっとおぞましい何かか。
これは、どうしようもない人間と妖怪が送る
青春と東方のサブカル的思想バイブル――



↑クリックでサンプルページへ






詳しい情報はこちら↓




委託情報
とらのあな様にて委託中


バナー






【戻る】


 

Copyright 2013 helga-prison All rights reserved.